© 2018 Huber. Inc

  • Huber.

京都 - Kyoto

京都の歴史


  • 京都は、桓武天皇が長岡京につづいて、794年に平安京に遷都したことから始まりました。この後、世界でも珍しく1,000年間あまりを都として機能しました。そんな平安京に都が移された理由は、長岡京を建設している際に、暗殺が発生したり、水害が発生したりと、不幸が重なったため、長岡京は適していないと判断されたためと言われています。

  • 平安京は、中国の長安を模倣して作られ、朱雀大路を中心に碁盤目状に町が作られました。北に大内裏が有り、西を右京、東を左京とした計画して作られた町でした。

  • その後、藤原氏が勢力を伸ばし、政治は藤原氏により支配されました。代表的な建造物としては、藤原道真の別荘を寺としたものが宇治の平等院です。

  • 都としての京都とはもちろんのこと、日本での藤原氏の支配が終わると、次は白河上皇などの院政が開始されました。ただし、寺の僧兵を始め、平氏や源氏が台頭してき、保元の乱にて古い貴族は一掃され、武士団の勢力拡大が急速に進みました。

  • 源氏と平氏の争いにて、源氏が勝利を収めると、1192年に鎌倉へと遷都されることとなり、京都は政治の中心地からは一線を引きました。しかし、依然として経済の中心地として重要な立ち位置にありました。

  • 鎌倉幕府が後醍醐天皇, 足利尊氏, 新田義貞 などに打倒されると、再び都は京都になりました。その後、南北朝の時代となり、吉野と京都の2つに都が設定され、60年余り南北朝の時代が続きました。

  • 京都では、1336年に足利尊氏により室町幕府が開かれると、再び政治の中心となり、3代の足利義満の時に、南北朝時代が解消されました。京都では、今まで武家屋敷を京内に建てないという方針を変更し、足利尊氏が自ら武家屋敷を建て、その結果次々の武家は屋敷を京内に建て始めました。足利義満は現在の上京区に花の御所を建設しました。

  • 室町時代の終わりに、将軍家と管領との間で将軍の跡継ぎ問題が発生すると、1467年から1477年までの10年の間、応仁の乱が起こり、舞台となった京都の町は荒廃しました。特に、北側の荒廃がひどかったと言われています。

  • 先の応仁の乱の結果、地方にも飛び火し、戦国大名が各地に乱立し、戦国時代へと入っていきました。各勢力は京都を目指して領土を広げました。

  • 戦国、安土桃山時代において、織田信長と豊臣秀吉の保護と町衆の力により、京都は復興を遂げました。特に、秀吉が行った改革は大規模なものとなりました。

  • この頃より、政治と経済の中心は京都を離れましたが、江戸時代に入り政治と経済の 中心が江戸(東京)に移った後も、都は京都と定められていました。二条城は徳川家康の京都の居城として建設されました。

  • 江戸時代以降は、文化と工芸の中心地として、江戸と大阪に次ぐ第三の都市として、京都は栄えていき、政情が不安になった幕末には、京都守護職が置かれ、新選組などの倒幕派の監視が行われました。

  • 1867年に大政奉還により、江戸幕府から京都の朝廷に統治権が返還されたが、天皇が東京へと移動したため、京都から東京へと都も移転され、それに伴い、京都の商人の一部は没落し、また一部は共に東京へと移動したため、当時の京都の人口は、3分の2まで落ち込みました。


京都の情報
  • 京都府の人口:261万人(全国13位) 1位:東京都(1,300万人) 2位:神奈川県(900万人) 47位:島根県(57万人)

  • 京都市の人口:147万人(全国6位) 0位:東京都特別区(900万人)1位:横浜市(370万人)

  • 京都府の面積:4,612km²(全国31位) 1位:北海道(78,421km²) 46位:大阪府(1,905km²) 47位:香川県(1,876km²)

  • 京都府の人口密度:566人/km²(全国10位) 1位:東京都(6,106人/km²) 47位:北海道(68人/km²)

  • 京都は盆地に位置しているため、夏は無風状態で、とても蒸し暑く、冬は厳しく冷え込みます。冬には比叡山より突風が吹くこともあります。

  • 京都府は、西日本でも有数の人口を有し、古都としてとても人気を博しています。2014年には5,500万人以上の観光客が訪れました。特に、桜と紅葉のシーズンは特に混雑します。外国人宿泊客数は、180万人、観光消費額は7,600億円でした。

  • 古都京都の文化財として、1994年に世界遺産にも登録されました。登録場所には、葵祭で有名な上賀茂神社, 下鴨神社や、苔寺として有名な西芳寺や、金閣寺や二条城などが登録されています。

  • 京都には、空港はなく、主に新幹線にて東京より訪れることが多くなっています。 新幹線に関して、京都駅での年間乗降客数は1,200万人以上となっています。

  • 京都では、京料理が有名ですが、これは野菜や乾物や大豆加工食品を中心とした素材の味を活かす洗練された薄味の料理で、味だけでなく、見た目や雰囲気を含めて五感で楽しむものというイメージがあり、高級なものとなっています。

  • 京都三大祭りは、上賀茂神社と下鴨神社で5月に行われる葵祭、八坂神社で7月に行われる祇園祭、平安神宮で10月に行われる時代祭です。


まめ知識

  • 京都は、学園都市としての側面もあり、短大も含め46校あります。京都の人口の1割が大学生となっています。

  • 京都では、コンビニよりも寺社の数が多いです。


------------------------------------

清水寺(Kiyomizudera Temple)


歴史

  • 清水寺は、延鎮上人という僧侶から始まりました。778年にこの延鎮上人は夢で清泉を求めろというお告げを受け、音羽山へと入山しそこで滝を見つけました。この滝の近くに住み始めました。

  • そこに鹿狩りをしにやってきた坂上田村麻呂に遭遇しました。坂上田村麻呂に延鎮上人は殺生は良くないと諭し、それに感銘を受けた坂上田村麻呂はここに御堂を建てました。これが清水寺の始まりと言われています。

  • ただし、清水寺は法相宗に属していたため、法相宗とライバル関係にあった延暦寺の衆徒から何度も襲撃にあい、焼き討ちされました。

  • 今の清水寺の多くの建物は400年前の徳川家光の時代に再建されたものです。


情報

  • 清水寺は清水の舞台で有名であり、そこからの絶景は京都を代表する景色の1つです。清水の舞台の高さは12mです。自殺の名所としても有名でした。

  • 清水寺には約30の建物があり、その中には、神社も含まれています。音羽の滝はパワースポットとしても知られています。

  • 本堂に着くと、すぐに出世大黒天像というものがあり、こちらは室町時代に作られたもので、七福神の1つとして親しまれています。


まめ知識

  • 清水の舞台から自殺した人数は1694年から1864年までで234人いました。

  • 音羽の滝は、左から順に学問成就, 恋愛成就, 延命長寿の水とされています。


------------------------------------

金閣寺(Kinakuji Temple)


歴史

  • 金閣寺は、元は西園寺家の別邸でした。西園寺家が天王に対して謀反を起こそうとして、その謀反が事前に判明し、処刑されることとなり、膨大な所領と資産は幕府に没収されました。その中の1つが西園寺家の別邸でしたが、次第に荒廃していきました。

  • 1397年、三代将軍足利義満はこの西園寺別邸を改修し、北山第として邸宅としました。この北山第は御所にも匹敵するほどの規模であり、実質的な政治の中心となりました。

  • 義満没後は、北山第の大部分は南禅寺と建仁寺に寄贈され、舎利殿のみ残りました。その舎利殿が義満の遺言により、禅宗の鹿苑寺、いわゆる金閣寺となりました。

  • 金閣寺の多くの建築物は応仁の乱で焼失しましたが、1649年に再建されました。しかし、戦後の1950年に金閣寺の若い僧侶によって放火され、舎利殿と仏像などを失いました。その後、再建され、創建当時の姿に復元されました。


情報

  • 金閣寺は、三層の茅葺きの建築となっており、それぞれの階層で作りが異なっています。 初層は、平安期寝殿造り、中層は鎌倉期書院造り、上層は禅宗仏殿風となっています。中層と上層に金箔が貼られています。屋根の上には、鳳凰が輝いています。

  • 庭園は、敷地面積の半分以上を占めており、鏡湖池が中心となり、大小の島がある池泉回遊式庭園です。島となっている石は足利義満に取り入ろうとした諸大名によって全国から奉納されたものです。

  • 夕佳亭と言われる茶室も敷地内にはあります。


まめ知識

  • 今現在使われている金閣寺の金箔量は20キロです。再建時に使用した金箔は価格で7億4,000万円でした。

  • 金閣寺は、再建されてから時間が立っていないため、国宝に登録されていません。


------------------------------------

伏見稲荷大社(Fushimiinari Shrine)


歴史

  • 伏見稲荷大社は711年に稲荷山の3つの峰にそれぞれの上を祀ったことに始まると言われています。

  • 応仁の乱後、伏見稲荷本願所には神宮寺が建築されたため、神仏が融合した形態となりました。ただ、明治維新後に、神仏分離が行われ、仏教の要素は排除されました。


情報

  • 伏見稲荷大社は、全国に3万社以上あると言われる稲荷神社の総本山となっています。

  • 稲荷大神を神名としており、五穀豊穣, 商売繁盛, 交通安全にご利益があるとされています。

  • 稲荷山には1万基以上の鳥居があり、その中でも一番有名な場所を千本鳥居といいます。これらの鳥居は奉納されたものであり、江戸時代より奉納の文化が始まりました。

  • 稲荷神社における狐は、神の使いと言われています。


まめ知識

  • 伏見稲荷大社に初詣に来る人数は、約270万人で西日本では最大の初詣スポットとなっています。

  • トリップアドバイザーにて日本の観光地として1位を獲得したこともあります。

  • 稲荷山の途中あるおもかる石は、願いを込めながらその石を持ち上げ、自分が思ったよりも軽ければ願いが叶い、重ければ叶わないと言われています。

  • 鳥居は奉納が可能ですが、千本鳥居のサイズで175,000円です。


------------------------------------

平安神宮 (Heianjingu Shrine)


歴史

  • 平安神宮は、1895年の4月1日に平安遷都1,100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画されました。

  • 1976年、平安神宮放火事件が発生し、本殿や内拝殿などが炎上焼失しました。この際、国から再建の補助金は出ませんでしたが、全国からの募金により3年後に再建されました。


情報

  • 平安神宮の社殿は平安京の大内裏の長さ比8分の5に縮小して復元したものです。

  • 参道の大鳥居は24.4mの高さがあり、国の登録有形文化財です。

  • 平安神宮内には平安神宮神苑があり、その敷地面積は合計で20,000坪ほどあります。

  • 平安神宮は、京都三大祭りである時代祭が行われます。

  • 平安神宮には、平安遷都を行った桓武天皇が祀られています。


まめ知識

  • 時代祭には、2,000名以上が参加し、2キロに渡る行列が出来ます。

  • 時代祭には、約76,000人の来場者数があります。京都三大祭のほかのお祭りは、葵祭が約94,000人, 祇園祭が約130,000人 の来場者数となっています。


------------------------------------

二条城(Nijojo Castle)


歴史

  • 現在の二条城は、1601年に徳川家康の京都の居城として建てられました。この場で1603年に将軍宣下の祝いを行い、江戸幕府が誕生しました。大阪夏の陣と冬の陣、双方で家康はこの二条城より出陣しました。

  • ただし、3代の家光が上洛して以降は、二条城は使われることはなく、天守閣が落雷でなくなり、地震や本丸の火災などによって、荒れ果てました。二の丸もとても人が住めるような姿ではなかったのですが、14代の家重の際に二条城への入城があり、その際に二の丸が修復されました。将軍は通常、本丸に入るのが普通なのですが、本丸を新たに建てる余裕が当時の幕府には残っていませんでした。

  • 15代将軍の徳川慶喜がこの二条城の二の丸で1867年に大政奉還を発しました。その結果、江戸幕府は滅亡しました。

  • 1893年には桂宮家の邸宅が本丸として移転されました。

情報

  • 二の丸御殿の廊下は鶯張りの床となっており、キュッという音が鳴るようになっています。

  • 二条城の庭園は、小堀遠州の作庭と言われており、特別名勝に指定されています。

  • 二条城は、国宝で全33室、800畳という広さを持つ武家風書院造りです。

  • 一部の絵画は、狩野探幽によって描かれています。


まめ知識

  • 二条城の鶯張りの製法は現代では失われた技術です。


------------------------------------

渡月橋(Togetsukyo Bridge)


歴史

  • 渡月橋は平安時代から始まっており、現在天龍寺のある場所に離宮として亀山庭園を営んでいた亀山上皇が曇りのない夜空に月が橋を渡っていくように見えたさまから「くまなき月の渡るに似る」と感動をされ、歌を詠んだことより、渡月橋と命名されました。

  • 平安時代には200mほど上流地域に渡月橋はかかっており、法輪寺への通行のためにかけられたものでした。その後、洪水や1467年の応仁の乱によって崩落しました。

  • 現在の元となる渡月橋は1606年に商人であった角倉了以によって江戸時代にかけられたものであり、現在の渡月橋は1934年にコンクリート橋として完成しました。


情報

  • 渡月橋は、橋長155mであり、幅11mの嵐山のシンボルの一つとなっている橋です。

  • 上部はコンクリートとなっていますが、軒下は風景に溶け込むように木製で作られている橋です。秋の紅葉シーズンには多くの観光客が訪れます。


------------------------------------

嵯峨野の竹林(Sagano Bamboo Forest)


歴史

  • 嵯峨野の歴史は古く、豪族の秦氏によって開発がすすめられました。平安遷都後には、天皇や大宮人たちの絶好の狩猟と行楽地として栄えることとなりました。

  • その後、嵯峨天皇が離宮嵯峨院をこの地に造営し、嵯峨天皇の死後、この離宮は大覚寺となりました。882年には嵯峨野は神聖な場所として認定され、貴族や文人などによる山荘や寺院建立が相次ぎました。1255年には後嵯峨上皇が亀山殿と呼ばれる離宮を造営し、1268年には大覚寺を新たな御所としました。

  • こうして地位を確立していった嵯峨野の地ですが、角倉了以が保津川の改修を行って以来、丹波と京都をつなぐ水運の用地となりました。

  • 嵯峨野の竹林自体は、8世紀ごろに中国より持ち込まれ、当時おそらく貴族の間だけで栽培され、貴族の儀礼等と関係を持ち、中国文化の需要が目的で栽培されていたという説などがあります。


情報

  • 嵯峨野の竹林の道で、最も有名な箇所は、野宮神社から大河内山荘へと続く約300m程の散策路です。

  • 嵯峨野の竹林は日本画や水墨画のモチーフとしてもしばしば用いられました。竹林は夜になるとライトアップされ、幻想的な景色を楽しむことが出来ます。


まめ知識

  • 石清水八幡宮の竹林も有名であり、そちらの竹はエジソンが1882年白熱電球のフィラメントとして利用されました。

95回の閲覧